スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告
クリームティ―を楽しむお茶時間。

はじめての参加 は、まださむーい初春のころ。。 

都合がうまくつき、4月下旬、
だいすきな 紅茶のレッスン ( →  ♪*♪  ) 2度目の参加、を愉しんできました。


ミルクティー&スコーン のクリームティー★

この日のテーマは 「クリームティ―を楽しむお茶時間」 



クリームティー。
とは、英国でティータイムにとられる伝統的な定番メニューのこと。
内容は、ポット オブ ティー ・ スコーン ・ ジャム ・ クロテッドクリーム ・ ミルク、お砂糖 。


紅茶の飲み方では、わたしはミルクティーが一番すき。
茶葉はフレーバーの強いものではなく、こっくりとした渋めのもので。
なので、どんぴしゃりなレッスン内容ににんまり♪


大学生のとき、英国に少しの間留学していたのだけれども、
その頃はカフェでゆったりとお茶、よりも、授業の傍ら
マーケットでお買いもの(そこは今も変わらず・笑)や遺跡巡りに夢中で、
残念ながら本場のクリームティーは味わうことができず…
それでも毎朝、ステイ先では紅茶をいただいていました。
それも、ティーバッグの(しかもお出汁パックのようなサイズの!)。 でもでも、充分に美味なのです。
なぜなら、お水が違うから… (ということをあらためて教わり)
英国の水質は、中硬水。 日本は軟水。 
硬水で淹れると渋みがでにくく、見た目にもおいしそうな濃い色が実現。
お水に合うように、茶葉はそれぞれブレンドされているのだとか。。


あの頃を思いだし懐かし~くもなりながら、ふむふむなるほど、と美味しく学ぶひととき。
 

美味でたのしいひとときをありがとう
紅茶がよく映える、深いブルーのSPODE。
茶葉や淹れ方、まつわるお話以外に、紅茶まわりの器なども勉強になります。
 


クロテッドクリームを手にいれて、いただいたレシピをもとにスコーン、早くつくりたい!
(最近お菓子づくり、ごぶさたになってしまったので…^^;)




◆ ◇ ◆         ◆ ◇ ◆
こちらで仲よくしてもらっているお友だちの 作家さん が、web shopを オ ー プ ン ♪
東欧のにおいのするふるいものをおしげもなく用いた、オリジナリティ溢れる布こものがたくさんです。
どうぞ訪れてみてくださいね :)  → いえろう さん 
                                 ◆ ◇ ◆         ◆ ◇ ◆   


BBS おしゃべりありがとう
2011/06/12 | 暮らし ひとひら
template design by takamu
Copyright © 2008~13 l u l u All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。