スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- | スポンサー広告
*ありがとう*  -3年間の歩み-。


母からわたしへ… ありがとう*

母から譲りうけた、40年前のカンガルーブーツ。
木枯らしふく日の、大切なあったかおとも。




3年前の、1月14日。
初めてここでおもいを綴り、ゆるり ゆらり帖 は生まれました。

それからまる3年と1ヶ月の月日が経ち。
わだちのように、いろんな意味で自分の歩みが刻まれているはず、と思うと
感慨深くもあります。
気づけばここは、わたしの“一部”になっているのかもしれないな。

この1年、独りよがりなここへ立ち寄ってくださり
ほんとうにありがとうございました。


おもいをカタチすることが、心地よいコミュニケーションが、すき。
ことば と しゃしん ともに、この空間を色づけしていくことを
これからも愉しんでいけたらいいな…と思います。




今まで触れずにいたこと。 だけど今、記しておきたいこと。


半年ほど前、コメント欄を閉じる代わりに掲示板を設け(+photos帖を閉じる)ました。
理由は、「この記事に対して」…という今までのスタンスももちろん好きでしたが、
内容や日付に関係なく、他愛もないことやどんなことでも気軽にお話しさせてもらえたらいいな
と思うようになったから。


(長いお付きあいのお友だちには、お察しいただいていることかもしれません。)
いろんなことが宙ぶらりんな気がして、募るもやもや…
自分が好きで背負っているもの。
それらにぎゅっとしがみつくままではなく、本当に必要なことをちゃんと必要だと思えるように、
というおもいもあってのこと。

私事ですが、暮らし方に変化が生じ(2箇所暮らしに)、縫いごとの集中時間も増え、
昨年までよりは必然的に少なくなってきた、ゆとりあるパソコン時間。
それゆえに訪問数も減ってしまったこと、申し訳なく思うと同時に
淋しく感じていたのも正直なところ、です。



でもだんだん、見えない何かにつっかえとらわれることなく、
今自分のなかにあるものを、素直に綴りとめることができるように…。
新しいやり方も、それなりにしっくりとくるようになってきました。
ここは“全て”ではないけれど、わたしの“真”のような。
そのカタチは変化しつつも、ここで表現する愉しさはずっと感じていたいなと思います。


日々のさもない暮らしのなかで生まれた、残しておきたい心模様や
じわじわと湧きでる届けたい“おもい”を、感じて、受けとめてくれて。
多忙な中でもお立ち寄りくださり、会話をしてくれて。
まだお話はさせてもらっていないけれど、うれしくもいつも訪問くださり。
そして、こちらでわたしの近況を案じ、知ってくれている旧友たちへも。

ありがとう   ありがとう*


頻度はゆっくりめになりつつも、
ずっとお付きあいくださるみなさんと、個々にまた一歩仲を深めてもらえたような、
そして新たなよき出逢いに包まれた1年であったこと、
とても幸福に思っています。


どんなカタチになろうとも、おしゃべりは変わらずだいすきなので、
こんな歩幅のわたしですがこれからもよろしくお願いします*

(これまでのひみつのお話しも、左欄の「おしゃべり ありがとう」から
今までどおり書きこみ頂けますので、よかったらいつでもご利用くださいね。)


長いつぶやきに目を通してくださりありがとう。



― 関わってくれているすべてのみなさんへ 心をこめて。 luluより ―



2011/02/14 | 想い ひとひら
template design by takamu
Copyright © 2008~13 l u l u All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。